本日3/20(火)ロケッティーダに在廊します!

f0222248_00551412.jpg
「二十億光年の孤独へ」3号 アクリル 油彩

人間ってどこまでいっても孤独だなって思うことがあります。所詮一人なのかなって。寂しいという感情も「人は孤独」っていう普遍的な悩み故なのかな?
まあそうかもしれないけど、寂しくない孤独もあるんだって最近ちゃんと分かった気がするんです。人は孤独だけど、寂しくない孤独だってあるんじゃないかなって。
だって、誰一人として同じ人っていないでしょ。自分とは違うでしょ。違うからトラブルも起きたりするけど、それぞれ違って、一人一人かけがえのない存在なわけで。そう思うと違うからって寂しく思ったり嫌な風に考えたりすることないんじゃないかなって思ったりして。自分を大切にする孤独もある。自分を守る孤独もある。自分だけの楽しい孤独。孤高の世界もある。自分もふと誰かを想うことがあるように、ふと自分を想ってくれる人もいるかもしれないし。どこかで見守ってくれている人がいるかもしれないし。一人だけど一人じゃない。
それに世界はとてつもなく広くって、広すぎて、時々良い意味でなんだかどうでもよくなっちゃうというか。
図書館で何気なく手にとった詩集 谷川俊太郎さんの詩「二十億光年の孤独」をあらためて目にした時、この感じ!と思った。
この詩は孤独を詩っているけど、寂しくはない。
谷川俊太郎さんも、エッセイの中で「大げさな題そのものが、大げさ過ぎるが故にある軽みを持っていると思う」と書かれています。
f0222248_00592386.jpg
(コピー機が壊れたので、私、鈴木由加里が手書きで書いて、ロケッティーダの壁に貼ってある谷川俊太郎さんの詩 二十億光年の孤独)

でも逆に、こんなとてつもなく広い中で、たった一人の自分の存在って!確かに存在するって凄いなあって思ったり。
この詩からタイトルを拝借した「二十億光年の孤独へ」も、そんな思いで描いてあるので、実は、寂しくない絵だし、3号の小さな絵だけど、ちょっと広くて大きいつもりです笑
音のないクラシックのピアノの音楽もちょっとイメージにあります。心の音です。

f0222248_01111275.jpg
「半分こ」3号 アクリル 売約済

これも同じようなテーマで描いたけど、こっちはちょっとロマンチックな感じです。嬉しいことも悲しいことも辛いことも、一緒に「半分こ」出来たらいいよね。
誰かを想って空を見上げることもあるでしょ。だから夜空を見上げたら、孤独もきっと「半分こ」
だから寂しく思うことないよ。
もしかしたらその寂しさが喜びに変わる瞬間かもしれないし。
音の無い音楽のような絵が描けたらって思うことがあります。

本日3/20(火)14時オープンからラスト21時まで在廊してお待ちしております!良かったら是非お越し下さい!!
鈴木由加里

f0222248_01420517.jpg
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
EXHIBITION
「窓辺から」鈴木由加里
絵とハチミツ cafe
In collaboration with y & y honey
http://yyhoney.exblog.jp/

3/9(金)-3/13(火)
3/16(金)-3/20(火)
水・木曜は休業

14:00-21:00(lo20:30)

Art & Eat 
ROCKETIIDA にて
東京都豊島区高田3-9-8
tel/fax 03-6676-1039
https://www.facebook.com/Rocketiida/
(JR・東西線・西武新宿線高田馬場駅早稲田口より徒歩三分 )

◆3/10(土)18:00よりオープニングパーティーがあります。是非お越し下さいませ。
お一人様1000円(1ドリンク+はちみつを使ったおつまみ付き)

◆ロケッティーダでは
期間中y&y honeyとのコラボメニューをご用意してカフェ営業しております。
お一人様一品ご注文をお願い致します。

◆鈴木由加里の新作絵画と
ワイワイハニーのハチミツ・ハチミツ雑貨なども販売致します。

f0222248_00362721.jpg

[PR]
by yy-honey | 2018-03-20 00:07 | yコのコベヤ | Comments(0)
←menu