<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0222248_00023114.jpg

2017年はちみつ販売 開始してます!
沢山のご注文、お問い合わせ ありがとうございます。
前ブログ①②の はちみつ に続いて
⑧SOBA 1706 について、ご紹介します。
前ブログに、今年販売する はちみつ①〜⑧までを掲載しておりますので、是非ご覧下さい。
順次、番号は前後しますが、販売可能になったものから、ワイワイハニーのはちみつのご紹介をしていきたいと思います。
f0222248_00023291.jpg

⑧SOBA 1706 は 今年 新たなラインナップとして成田の蕎麦栽培農家 上野さん にミツバチを置かせて貰って、2017年6月採蜜したものです。
もともとお蕎麦大好きな私達家族、去年 とあるイベントがご縁で知り合ったのが、上野さん。
ワイワイ農園でも、yヲが蜜源として 蕎麦を植えており、採れた蕎麦粉で 蕎麦を打って年越しを ということを数年続けていますが…なかなか蕎麦打ちは 難しいようです 苦笑
f0222248_00023391.jpg
f0222248_00023413.jpg

上野さんが栽培して、それで打って振舞って下さった蕎麦は、うちの子も大好きで、つゆ もつけずに豪快に食べる位です。(上野さんは、蕎麦栽培農家で お蕎麦やさんでは ありません (^。^)
栽培方法など、私には 難しいことは分かりませんが、千葉在来品種を扱っていて、とにかく美味しい!去年、収穫体験もさせてもらったのですが、安心してミツバチも置ける環境です。
f0222248_00023478.jpg

ご家族で従事されていて、奥様も本当に素敵な方で、ニコニコしながら「蕎麦が忙しくなってくると 蕎麦アレルギーになる」とおっしゃるのも 共感できたりして (^^)
f0222248_00023529.jpg

(蕎麦がき を作って下さって、それぞれ持ち寄ったタレをつけていただく。うちはデザート感覚でオーガニックローストナッツのハチミツ漬けを♪)
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=328336847598014&id=196962984068735
(蕎麦キッズ 蕎麦花畑を走る♬)

満開の蕎麦お花畑、きれいでしょう?
蕎麦の花のなんと可憐なこと。そして不思議。
こちらが短柱花
f0222248_00023535.jpg

こちらが長柱花
f0222248_00023639.jpg

蕎麦の花は 虫媒花 です。
f0222248_00023633.jpg

独特の香りと 少し苦味あり、濃厚でクセになりそうなお味…好みがはっきりと別れるところですが、コーヒーに合わせたり、炒った蕎麦の実と一緒にバニラアイスにかけたりするのが、私は好きです。試食した感じは、でも思ったより、蕎麦はちみつ としては食べやすいかな。
うちの栗のハチミツが好きなら、きっとこれも気に入っていただけると思います。
鉄分、ビタミン、ミネラルも豊富で、女性には 特にオススメです。
日本では、どちらかと言えば、アカシヤなど くせがないものの方が、好まれ 高値で売り買いされていますが、フランスでは、逆に蕎麦や栗などの方が人気があって、お料理やガレットに使われていたりもするそうですよ。
f0222248_00023773.jpg

ワイワイハニーの蕎麦の はちみつ をもし召し上がっていただけたなら、是非 この風景を、蕎麦の可憐な白い花から花へ、ミツバチが飛んでいる様子を思い浮かべてみて下さいね。
きっと数倍美味しく 味わえると思います♪

但し、蕎麦アレルギーの方は、どうかご注意下さいますようにお願いいたします。
食品衛生法上は、蕎麦はちみつ については アレルギー表記は 特にしなくてもよいことになっているそうなのですが。

繁忙期、私は、はちみつアレルギーにならないように 程々に頑張りたいと思っております 笑 yコ


[PR]
f0222248_17221887.jpg

お待たせ致しました。
2017年産 ハチミツ販売、開始します!
目視で最後に検品。
まずは、①BERRY 1705 (千葉県市原市産 ブルーベリーと山桜、ワイワイ畑の百花蜜)
の瓶詰めを終えました。
f0222248_23093165.jpg

(完 BERRY1705 瓶詰め
日鞠が写真を撮ってくれました 笑)

ブルーベリー栽培農家さんのポリネーションのためにミツバチを置かせもらっていることもあって、ブルーベリーの蜜が入っていて、それが特徴的な味のハチミツです。

次に②AKASIYA 1705(千葉県市原市産 アカシア)
この2種類のハチミツは、他のものより収量が少ないので、ご希望があればお取り置き致します。
f0222248_17221943.jpg

(ワイワイハニーのハチミツグラノーラ 750円)
この千葉県市原市の採蜜場では、ハチミツグラノーラの製造もお願いしている 東京ソテリア(http://soteria.jp/ )の方に時々お手伝いしてもらいながら、畑もやっています。
猟期には、猪も採っている場所です。

③1705 (自宅屋上 瑞江の5月)
桜、菜の花、アカシア、フジ などの百花蜜

④1706(自宅屋上 瑞江の6月)
ハーブ、ボダイジュ、エゴノキ、トチノキ などの百花蜜

⑤MIKAN 1705(富士オトワファームの5月)
ミカン と オトワファームの有機無農薬野菜の百花蜜

⑥KURI 1706(富士オトワファームの6月)
栗 と マテバシイ など と オトワファームの有機無農薬野菜の百花蜜

⑦SANSHO 1707(富士オトワファームの7月)
カラスザンショウ と オトワファームの有機無農薬野菜の百花蜜

⑧SOBA 1706(成田6月)
成田 蕎麦栽培農家 上野さんの蕎麦 のハチミツ

と続く予定です。今年は新たに②アカシヤ と⑧ソバ が加わります。
現在、販売可能なハチミツは
①ブルーベリー、②アカシヤ 、③自宅屋上の5月 サクラ 、④自宅屋上の6月 ハーブ ⑤ミカン、⑦栗、⑧ソバ
の7種類です。
順次、他のハチミツも詰めていきます。
今ある種類のハチミツをお取り置きしておいて、全部出揃ってから、注文発送やお渡しも可能です。
各々110g 800円、210g 1500円、315g 2250円、420g 3000円、525g 3650円で、420gはクマの形のプラスチックのチューブ入りです。525gは一番お得になっています。
ご注文は、
yy-honey@ae.auone-net.jp
まで、メールか yコまで直接ご連絡下さい。
8月頃から、出店販売の予定もあります。
f0222248_17222097.jpg

f0222248_06240644.jpg

はちみつ石けん(700円) や オーガニックみつろうクリーム(1500円)なども是非一緒にご注文下さいませ。
f0222248_17222105.jpg

今朝、市原の畑の採れたてケールと 林檎、豆乳、ハチミツでジュースを作って朝食にしました。ケールが採れた時の我が家の定番朝食ドリンクです。
ガラスの器は、友人からのプレゼント。

畑で収穫した野菜達とお料理
f0222248_17222189.jpg

真竹、からし菜、グリンピース、ハツカダイコン、葉付きのゴボウ(はちみつで佃煮にします)
f0222248_17222203.jpg

ネギ坊主の肉詰め、ジャガイモ、人参、フキの煮物、フキ葉っぱの佃煮、スギナご飯

yヲが、ミツバチの世話をしに行くついでに始めた畑ですが、どんどん開墾して広がっているようです。少しですが、パンを焼くための小麦やライ麦なども採れます。ミツバチの世話がメインなので、なかなか手がまわっていないようですし、私も下処理など大変な時もあり、手間ひま かかりますが、自然農法の季節の新鮮な野菜が食べられるのは、有難いことですね。
うちの 千葉県市原産のハチミツは そんなハチミツです。
私は私で、色々忙しく、畑仕事もずっと手伝えずにいますが、その分、販売を頑張りたいと思いますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。
ご注文どしどし、お待ちしております♪ yコ

[PR]
f0222248_13472308.jpg

すぐそばに、小学校があるので、運動会の練習をしているだろう音楽や声が聞こえてきます。
運動会シーズンですね。うちの娘の運動会は今週末です。ガンバレ!!
f0222248_13472387.jpg

(本人の名誉のため この子はやればもっとちゃんと書けます 笑)

前ブログへの周囲からの反響や自分への跳ね返しが少しあったせいか(でも、多分、好転反応だからご心配なく^ ^)
家で仕事してると気が散って色々考えそうで、あまり良くないかなと思って、昨日は気晴らしにミュシャ展へ。
ミュシャは、実は、皆がなんであんなに騒いで、好きなのかなと思ってしまうのですが…(ミュシャファンの方、すみません)
昨日も60分待ち。。(まだいい方みたいですよ)

以前、仕事で扱ったことがあるリトグラフの作品は、ミュシャがきっと
「祖国の人々がドブの水で喉の渇きを癒した時
上流階級の客間を飾る壁画の制作をして
女性の美や優しさを賛美するような絵を描いて
貴重な時間を無駄にした」
と言っていた 類いのものであって、そんな作品で、ミュシャは、そんなに好きじゃない と評価すべきじゃなかったと反省。
晩年16年間もの年月をかけて、渾身の力を込めてしかも無償で!(大富豪からの金銭的援助はあったようですが)描いた大作が、時代が大きくかわり、時代錯誤とされて行き場を失い、プラハで公開されるようになったのは、死後70年経った 5年前だという驚き。
画家や作家がモノを作るという行為の中には、自分の内面や孤独に向き合う作業も伴うと思うけど、
ミュシャがこの絵に向かいあった時間に想いを馳せて、その苦悩や孤独な気持ちを想って、私なりですが敬意を持って「スラブ叙事詩」鑑賞してきました。

そして、本日の外出予定は延期して
戒め?の意味でも、兎に角、ハチミツの瓶詰めに専念します!
f0222248_13472421.jpg

ミュシャさん
仕事って大変ですよね。
生活もあるし、芸術性のある優れたものを作る、そしてそこにお金が絡む と色々ありますよね。
どんな女性がそばにいらっしゃったんですか?(笑) yコ
f0222248_13472470.jpg

(撮影許可場所にて スラブ叙事詩の一部断片
スラビア が ボダイジュに座って人々を祝福)





[PR]
←menu