<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0222248_12385814.jpg
f0222248_12385991.jpg

yコです。
ゴールデンウィークに富山で高校の同窓会に出席しました。そして先生方へのお土産記念品にハチミツを使っていただきました。依頼があったのは2月で、もう2016年度のハチミツの在庫は残り僅かだったのですが、数種類混ぜて、なんとか数を確保しました。他同級生の富山市の「パンの おと」のパンやお菓子、高岡市の「そよ風 陶房」mariちゃんの器が、y&y honeyのハチミツと一緒に贈られました。とても光栄なことで嬉しかったです。ありがとうございました。
f0222248_12385958.jpg

同窓会の案内状に同窓生の今 ということで、寄稿文も寄せさせてもらいました。これも最初はお引き受けするのも迷ったのですが、自分自身を振り返り、これからのことを考える機会にもなり、今は良かったなと思っています。

「卒業後、上京。新聞奨学生をやりながら、なんとか日本工学院専門学校美術科卒業。世界堂(画材屋)に就職するが、続かず辞める。絵を描きながら、10年間は放浪生活。。。後10年間は、絵画修復の仕事に出逢い、仕事に没頭。10年前に結婚して、江戸川区の自宅屋上で夫と趣味で養蜂を始める。絵の展示時に自作のラベルを貼ってy&y honey(ワイワイハニー)のブランドでハチミツを販売し始めました。絵画修復の仕事の傍ら、身につけた書道や表装の技術を生かしつつ、現在は自宅で書道教室もやってます。絵は細々でも続けていきたいなと思っています。
ミツバチを飼い、子供を授かって、生きることに直結する食やその安全にも多いに関心を寄せるようになりました。元々、作ることが好きなので、できるものは何でも手作りする生活です。
でも、まさか東京にいながら、養蜂をやったり、自然農法で野菜を作ったり、夫が狩猟した猪をさばくのを手伝ったりするとは、想像しませんでした。あれをやったりこれをやったり、忙しい毎日です。10年後はどうなっていることやら…
高校生時代や若い時は、恥ずかしい苦い思い出だらけ。でもその自分が30年紆余曲折、色んなことを経て、今の自分があるんだなと感じます。根っこにあったのは富山で生まれ育った18年や懐かしく美しいあの風景なのかも。
鈴木由加里(旧姓加藤)」

紙面の都合もあり、前半部分は、上手くカットされ、現在の生活は「忙しい毎日」が「忙しく楽しい毎日」と脚色⁈されたりしていました。「楽しいと言い切りたい気持ちもありますが、そう単純でもなく、敢えてそうは書かなかったんだけどな…」と思ったけど、「まあいいか、楽しくないわけでもないし…みんながこれを見て、同窓会に行きたい!と思うようなポジティブな寄稿文じゃないとね」と思うことにしました。
同窓会の幹事会の友人が、寄稿文も、ハチミツの記念品も、同窓会の出席が条件じゃないから と言ってくれていたけど、実はぎりぎりまで出席を迷っていました。
ちょうど採蜜の時期なので、遊んでる場合じゃないかなという気持ちもあったし、「同窓会に出席する」ということ自体がなんだか自分の気持ちを搔き乱してしまって、進んで出席したいという気持ちになれなかったのです。
30年前、高校を卒業後、家出しました。10年は音信不通でした。とは寄稿文には書けないでしょ。。
両親との関係は、とても苦しんだけど、少しずつ乗り越えて、私も少しは大人になって、「何があってもそれは親のせいではないし、自分は自分、親は親」と思えるようになり、関係性で悩むことは無くなったように思います。結婚して、子供が生まれて、自分が親になって分かったこともあります。
そんなわけで、高校時代はあんまり思い出したくないことばかり。高校時代の友人もごく数人を除いて、30年ぶりです。
だけど、今回、幹事会のメンバーが楽しい同窓会にしようと頑張っているのを見て、ハチミツも使ってもらったしなあと、出席することに。どうせ行くなら、とことん楽しもうと。
出席できて良かったと今は心から思っています。
久しぶりに会えた友人達のおかげで、高校時代にも、良い思い出があったのを思い出すことができたこと。苦く恥ずかしいと思っていたこともとても良い思い出として思い出すことができるようになったこと。
そして、両親との関係も、それがあったからこその今なのだと再認識しました。
私だけじゃなくて、皆んなそれぞれの30年間があって、大人になって、ここに集えることができたのだと、かけがえのない月日を愛おしく思うことが出来ました。
高校時代は、全く接点の無かった人でも、新たに仲良くなれたり、ただあの3年間、あの高校に在校したというだけで、こんなにも共有できる気持ちがあるなんて、不思議な感じがしますが、懐かしすぎる感情とそれだけじゃない何か特別な感情で、いい意味で大いに刺激を受け、そして、何かもう一つ少しは抱えていた荷物を降ろすことが出来た気がします。
こんな風に思えるなんて、歳をとるのも悪くないなと。
これまでの自分を振り返ると10年毎に節目を迎えているようで、また一度原点に戻って、折り返し地点からまたスタートしていこうと思います。
f0222248_12390052.jpg
f0222248_12390075.jpg

歩むごとに景色が変わっても、それを味わっていけばいいよね。
座って休むところも結構あるよね。
f0222248_12390170.jpg
f0222248_12390102.jpg

f0222248_12390285.jpg
f0222248_12390207.jpg

「皆、違った自分の道を歩いている。
そのどれにも、価値がある。
そしてその中に、普遍的な価値というものがある。
人として、普遍的な価値が見えるようになること。」

さてさてさて〜〜〜
帰京したら、第1回目の採蜜が既に終わっていました!(分かってたけど…)
続々と2017年度ハチミツ採れ始めています。
今年はyヲ君、凄いです!!
これから、yコ瓶詰め作業、頑張りますよーー!!
販売開始までカウントダウン🎶
乞うご期待♪♪♪
yコ
f0222248_12390350.jpg


[PR]
f0222248_17331147.jpg

パルシステム東京の委員会の内部研修で、オーガニックみつろうクリーム作りの講師をやらせていただきました。
ミツバチやハチミツのこと、材料の自家製のみつろうのこと、アロマアドバイザーとして精油のこと、色んな話を交えながら、それぞれ好きな精油を調香師のように組み合わせて選んで、オリジナルのみつろうクリームを作りました。
ハンドクリームやリップクリームとしてはもちろん、ヘアクリームやマッサージクリームとして、これからの季節は、すり傷や虫刺されなどにも使える必需品です!
f0222248_18304147.jpg

5/16 南小岩委員会様へのハチミツランチご試食メニューは、猪のシチューとサラダ。
サラダのドレッシングと、猪肉の臭み消しやお肉を柔らかく煮込むのに、ハチミツを使っています。
f0222248_17331243.jpg

5/18 鹿骨委員会様へのハチミツランチご試食メニューは、ローストワイルドボアのちらし寿司とサラダ、玉ねぎとキノコ入りの猪のガラスープ。
ローストワイルドボアの漬け込みタレにも、ハチミツを使っています。
f0222248_17331219.jpg

両日共にウェルカムドリンクは、赤紫蘇のハチミツジュース。
食後に、屋上摘みたてのレモングラスとレモンバームのフレッシュハーブティー。
f0222248_17331349.jpg

猪は、夫yヲが千葉市原で狩猟したもの。(放射能検査済)
野菜は、ミツバチを置かせて貰っている、富士のオトワファームさんの有機無農薬の、ズッキーニ、赤サラダ菜、レッドウェーブレタス、そら豆、スナップエンドウ、極早生玉ねぎ、甘夏など。
千葉市原で自然農法でyヲが作った、エシャロット、サニーレタス、はつか大根 、赤紫蘇など。
自宅屋上で、当日の朝、摘み採ったハーブ類など。
パルシステムさんの化学調味料無添加の五目寿司の素や、白だし、そしてコシヒカリ玄米等も使わせていただきました。
f0222248_17331365.jpg

皆さん、食や自然環境に対する意識が高く、しかし、とても寛いだ様子で和やかに参加して下さって、私もとても楽しく仕事ができました。ありがとうございました。
友人知人も多かったので、写真も撮らせて貰いました。
ハチミツ料理も、美味しいと喜んで貰えて、嬉しかったな。
ワイワイハニーとしての自分の仕事や役割について模索中な私ですが、「素材の良さをちゃんと生かせたWSや調理ができて、皆さんに喜んで貰える…ハチミツ、蜜蝋、野菜、猪肉などその素材について、身を持って感じたことを自分自身楽しく語ることができる…」沢山のお皿やグラスを洗い、片付けながら「またやろう!」と思いました。

グループでのWS & ハチミツランチご試食 受付しております。
オーガニックみつろうクリーム(雑貨扱いになります)のご注文も承ります。
f0222248_18244162.jpg

詳しくは、yy-honey@ae.auone-net.jp メールにて yコ(鈴木由加里)まで、お問い合わせ下さい。

猪のガラスープを作ったら、取り出した骨がハート♡
f0222248_17331402.jpg

気分は もののけ姫 ♪
日本の森が抱える問題や「肉を食べる」ということはどういう事なのかもお話していきたいと思います。
何回もガラスープを作りましたが、これはレアな綺麗なハートです(^_^)v
良いことありますように♡ yコ
[PR]
←menu