カテゴリ:yヲのオシロ( 28 )

f0222248_11355966.jpg
お久しぶりです。yヲです。
今日は雨降り。
6月も終わりサイミツもひと段落。
これからは来年に向けての準備です。
瓶詰めはyコに任せて
久しぶりにゆっくりとアレコレ。

毎日 アッチコッチ行けて
自然中で作業していいね と
よく言われますが
結構 過酷なんですよ〜。これが
天気とハチの具合をみながら
右往左往。朝日とともに作業はじめ
夕暮れとともに片付け。
それでも美味しいハチミツが
とれるとニンマリ。

なかなかこのブログに
アップできませんが
最近Instagramをはじめサクサク
投稿しています。
FBで鈴木義明探して
みてくださいね。

Die 4 B
(やっぱ 殿下のライブはかっこいいね)




[PR]
f0222248_14073100.jpg

小林キユウさんの写真展
「東京にいない東京タワー
今日もターンテーブルをぐるぐる」
にF926製(yヲが制作)の東京タワーが登場です!
うちに来たことがある人は、この写真に見覚えあるかもしれませんね。
小林キユウさんは、我が家が養蜂をやるようになったきっかけを作ってくれた友人です。
始めた当初の「自休自足」雑誌の取材の写真を撮ってくれたのも、そうそう結婚式の写真を撮ってくれたのも彼なんですよ!
yヲが制作した東京タワーが旅した世界の街角のキユウさんの素敵な写真を是非ご覧下さいませ。

アメリカ橋ギャラリー
渋谷区恵比寿1-22-3
http://americabashigallery.com/exhibitions/#exhib_1750
2017.1.11(水)-1.23(月)
11:00-19:00(初日14:00〜 最終日〜17:00)
f0222248_14073169.jpg

f0222248_17461760.jpg

yヲが東京タワー制作している写真もあります。

キユウさんが東京タワーを レッド&ホワイトの鮮やかな色合いで建つその姿を、プリーツスカートをはく少女のような可憐さと表現しており、彼の撮った写真にもその愛おしさが出ているようでした。yコ


[PR]



f0222248_23044782.jpg

お盆休みも終わりまだまだ暑い日が
続きますがいかがお過ごしですか?
少々前ですが渋谷のBunkamuraシアターコクーンで
行われている「ビニールの城」をみてきました。
この作品は30年前に上演され先日なくなられた蜷川さんが
再演する予定だった作品です。
なんと今回この舞台の装置を作らせていただきました。
俳優で彫刻家でもある六平さんが30年前に制作した
鉄製の水槽とベットを代わりにこのyヲが
作らせていただきました。
芝居自体見に行くのは数年ぶり
唐さんの作品は20年前に見たきり
(正直当時はよくわからずそれっきり。。。)
ウチの姫はあの独特な言葉の応酬についていけるかな?
そしてお父さんも。
装置たちのできばえは・・・
ドキドキしながら  始まってしまえばあっという間の2時間。
ところどころわかったようなわからなかったような 
あの言葉の応酬もここちよく 最後はパーーんと!
意味ではなく感覚 久しぶりにそんな感じがよかった!
このすばらしい舞台にかかわれほんとよかったです。
ハチヤもいいけどたまにはこういったカジヤもいいですね

なまリエさんはすてきでした〜
この舞台は今月の29日まで ぜひ!!!


f0222248_23444699.jpg
f0222248_23052262.jpg


[PR]
f0222248_21234109.jpg
f0222248_21231992.jpg
f0222248_21230215.jpg
これは蜂場のある市原の山の中です。
40年ほど前に植えられた杉の木は手つかずで、ひょろひょろの木が台風などの強風で倒され放置されたままになっています。
当時は資材にする見込みで山を切り開き植林されました。しかし海外の安い材に押され、所有者は高齢になりといった状況なのです。
杉や檜、竹林でも同じ事が全国でおきています。
ドングリのなるコナラやクヌギ。これらも昔は炭を作るため10年程度で伐採し資源として使っていたそうですが、今ではそれもそのままになっています。
聞いた話では定期的に伐採している所では下草が生え、新たな草木が育ち、蜜源にもなる木も多く育つそうです。
私の蜂場もコナラに囲まれた場所ですが 太いコナラが密集し冬でも日差しがありません。
木々が鬱そうとしている場所ですが、この場所より都市部の自宅周辺の方が採蜜量は豊富です。
私が森に興味を持ったのはそんなことがきっかけでした。
森の生き物たち(イノシシや鹿)も荒れた森のおかげで住処ができたものの、個体数に比べ食料が少なく、里へ下りて畑や田を荒らします。イノシシに荒らされたコメの稲穂は臭いが付いて食べられないそうです。
実際自分の畑もイノシシに荒らされたことがあります。せっかく育てた作物を掘り返され食べられてしまうのは、何とも悲しい気持ちになります。ですが同時に彼らも必死なのだということを感じます。
最近は害獣駆除にお金が出ることから、小さなうり坊も捕獲され、ただただ殺されてしまうことがあると聞きます。
線引きはなかなか難しいことだと思います。
先日、自分の罠にうり坊がかかりましたが、あまりにも小さく逃がしてやりました。
これがいいことなのかわかりません。
ただ捕まえたものに対しては、感謝して食しすべてをしっかり使ってこそ猟の意味があるのではないかと感じています。
すべてを捕り尽くしてしまうのは違うのではないかと思っています。
ジビエを提供しおいしいと感じていただくのと同時にその背景も知っていただけたらいいのかなと思っています。
そのためにも、いつか森でのイベントもできたらいいのではと思案中ではあります。

今年も猟期が始まりました。 森のすべてに感謝。





f0222248_21181279.jpg






[PR]
今日は久しぶりの晴れ間。いかがお過ごしでしたか?
近所のサクラはあっという間に散り始めましたが
晴れ間をぬってハチたちは勢いよく飛び立って行きます。
箱を開けるとほんのりサクラの香り。
花見をしなくてもこれが毎年一番うっとりする瞬間です。

f0222248_23435194.jpg

これはトマトのタネ。昨年は苗が仕上がった時期が遅く
うまく育たなかったので今年は早めにポケット育種で発芽。
これで夏にトマトが食べれそう。
でも私yヲはトマトが苦手です。。。


f0222248_044823.jpg

江戸川区の公園の入り口に大きな鉢があるところは
公園ボランティアさんが育てている植木鉢なんですね。
縁があって 近所のみつばち公園の鉢を管理することになりました。
久しぶりに家族で行きましたが一人寂しく土いじり。。。
おお〜い
f0222248_032167.jpg


f0222248_23292227.jpg

さてさて これは屋上のフジのつぼみ。
おやじが亡くなり 実家に帰ってから15年。
その間全くの咲かずのフジでした。
毎年人に育て方を聞いてはあれやこれや試していましたが
うまくいきませんでした。
夏はいい木陰になるのでこれで良しとあきらめていたところでした。
特に昨年から畑が忙しく屋上はほぼほったらかしだったのですが
それがよかったの???
5月には花が見ごろかな 
たまには屋上でお花見と行きたいところです
yコさんお願いしますネ。
[PR]
f0222248_230466.jpg


昨日ブログをアップしたのですが・・・

基本どんぶり勘定のA型yヲは
数字は苦手だが細かいとこにきびしいB型yコ様より
ご指摘がありました。
「結婚して今年で10年でしょ? 
養蜂をはじめて9年。いろいろ数字おかしくない」
そういわれればそうかも。かもかも

ここに訂正させていただきます。

ごめーんね 
よろしく!
[PR]
今日は24節季で「雨水」。雪が雨に変わり氷がとけて水になる。
雪の予報でしたが 雨の一日。春もちかい? しかしさむ!

f0222248_2313545.jpg

今月の始めに ダンサーの山田うんさん(最近はネコのほうが有名だとか)の公演に行ってきました。
久しぶりのダンス。(これほんと)
まさにこの公演は10年ぶり(たぶん)。
10年前(たぶん)の初演では舞台装置をダンサーの
みんなと一緒に作らせてもらいました。(これほんと)
(こうみえてyヲダンス鑑賞好き 20代はコンテンポラリーや
舞踏を見にいったり舞台のお手伝いなんかもしてました。(これもほんと)
うちの姫のバレエ好きは遺伝かな?)
毎年 思い出すこの時期。寒い雨降りの日。
あの日からももう10年。(ちょっとちがってたみたい)
[PR]
遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

皆さんお正月はいかがお過ごしでしたか?
昨年末は恒例の味噌づくりの他に急遽イノシシも捕れ
大忙しでしたので正月は布団に張り付いていようと
と思っていたのに年始早々
f0222248_13453150.jpg
猟の知り合いから カモ猟があるけどいくかー と誘われ
もちろんOK。早速 千葉で網猟をやっている方の所にお邪魔しました。
夕方猟場にカモが帰ってくる前に、昨日とれたイノシシの解体のお手伝いも。
先輩たちは丁寧に皮をはいでいます。私はまだまだ修行が足りませんね。
f0222248_13485041.jpg
その日はたくさんのカモがとれ夕飯は昨年末とれたカモ焼きを出していただきました。
(現場であかりを出さないために写真は残念ながらないのです。)
これはうまーい!脂ののったぼんじり は最高でした。
カモ(羽付)のおそわけをいただき いい出だしの正月でした。

今年もいい一年になりますように



[PR]
f0222248_00210198.jpg
輪粉さん出店の前日 地元の環境団体のOさんより電話があり
ウチの近所にミツバチの分蜂群(巣分かれした群)があるので捕獲できますかとのこと。
よくよく聞くと ご近所の庭先に朝から蜂球がありその方が区役所に連絡をして回り回ってウチにきたのでした。
(「今ウチにはハチさんはいないんでウチの子たちじゃないんですよ〜」)とおもいつつ
役所の方からご依頼先をきいたところ Oさん宅と(先ほどのOさんと同じ名字のOさん。)
早速 捕獲に
f0222248_00285201.jpg
オオ〜立派な蜂球。玄関先の木に大きな西洋ミツバチの蜂群。
営巣をおこなっているようでした。
西洋ミツバチは自生できないので近くに
養蜂をしている方がいるのではと。

そして翌日 輪粉さんの出店。
そこでお会いした方養蜂に興味があるというバンドをしているOさん。
ハチつながりで同じ名字のOさんがさんにん。なんか不思議なつながりですね〜
イベントから帰りテレビを見ていると
ニュースに野球のオーさんが出ていた。

おおおおおおおおお〜〜〜〜   ーーーyヲ







[PR]

f0222248_08501843.jpg

最近 森林ボランティアにいっていると書きましたがそれに関してちょっと


昨年の秋から 奥多摩の鳩ノ巣で森林ボランティアにいっています。

一昨年 森のたねさんにキャンプの案内をお願いしてから自分でももっと森のことを知りたいとおもい JUON NETWORKさんのボランティア活動の案内にたどり着きました。

昨年の秋から森林ボランティア青年リーダー養成講座に応募しました。もう青年ではないですが ぎりぎりセーフということで参加させていただきました。


11月から1月まで毎月一度 1泊2日で鳩ノ巣へ行きベテランの講師の方にノコギリやナタの使い方や倒木の仕方や 倒した木で道づくりなどを教わりました。



なかでも興味深かったのはJUON NETWORKの取り組んでいる「間伐材の割り箸」

割り箸というともったいないというイメージがあり 

一部の外食産業では洗える箸に替わったところもおおいようです。

ですが ここの割り箸はもったいなくないのです!

箸に使われる材は 製材してでた端材や 森の育成のため必要な間伐をし

伐り倒されたを使用しています。また その材の加工作業は障害者施設の方に依頼し

つくられています。施設の方にとっても重要な作業の一部になっているそうです。

また 使用後の箸はパーティクルボード(カラーボックス等の家具に使われる材)

の材にも使われます。

また 大きな施設で割り箸を使う事のメリットして生活排水の水質汚染の軽減につながったり(現在は工場排水よりも生活排水の方が環境によくないというデータがあるようです。)

昔から割り箸が使われていた文化のおかげで衛生上にも一役かっているようです。

ただ この箸にもデメリットもあります。

生育の行き届いていない細い材木や 切れ端を使っているので

一部折れやすい事もあります。

価格は現在「間伐材の割り箸」は裸箸(袋ナシ)で一膳2.5円ですが

割り箸の使用総数の90パーセント以上である輸入割り箸は一膳1.0円です。

(輸入割り箸は中国産がメインでしたが最近では中国の森林破壊も深刻になり

現在にはベトナム産などが増えているようです。)

デメリットもありますが 1食2.5円で私たちの住む日本の森や水の環境が

保たれるのであれば国産の「間伐材の割り箸」を応援したいですね。


JUON NETWORKの事務局長 鹿住さんの書かれたこの本に詳しく書いてありますよ
f0222248_09161863.jpg




[PR]
←menu