桃源郷/養蜂を始めた時

f0222248_16263482.jpg

yコです。何故、養蜂をやろうと思ったんですか?とよく聞かれます。
結婚して間もなくだったんですが、yヲの友人の写真家の小林キユウさんが、ご実家の方で養蜂をされているということで、興味を持って二人で見に行ったんですね。

春うらら。
野原に菜の花、ひらひらと舞い散る桜、楽しげに咲く色とりどりの花たち。柔らかな緑。優しい風。暖かな春の陽射し。鳥のさえずり、蝶々にミツバチ。
「桃源郷」って、こんな場所なんじゃないかなと思いました。穏やかな春の日のありとあらゆる美しいものがそこに全てあるような。
ミツバチも思ってたより全然怖くない。一生懸命に花から花へ、可愛いなと思いました。そしてその採れたてのハチミツの美味しかったこと!
早速、私達も自宅屋上で飼いたいねということになったわけです。
いつも、ミツバチを飼うきっかけを聞かれると思い出すのは、あの「桃源郷」のような風景。
新婚だったせいもあるかもしれませんが、(笑)幸せで平和そのものの象徴のようなあの風景。
その時の様子は、こちらの本にも載っています。
f0222248_16263581.jpg

f0222248_16263569.jpg

(採蜜の手伝いをしているyヲ ちゃっかり載っています)

料理ライターの渡辺ゆきさん(キユウさんの奥さん)のハチミツレシピもいっぱい載っていて、ボロボロになる位、活用させていただきました。

f0222248_16263662.jpg
f0222248_16263620.jpg

昨日、小学校の読み聞かせのボランティアで、「ファーディのはる」と「みみずのオッサン」を読みました。
どちらも、絵や色がとても綺麗で、お気に入りの自前の本です。
「みみずのオッサン」は題名を読んだだけで、子供達の笑い声。とてもうけが良くてオススメです。春になって、土いじりをしていると、ミミズがウニョウニョ、びっくりしますよね。その姿形で気持ち悪がられてしまいますが、結構、いい奴なんですよ。ミツバチも刺されるとか怖いイメージが強いですが、花の受粉にも一役かって、実は結構、可愛いんですよね。(読み聞かせでは、こういった自分の主観は交えませんが)
実は「ファーディの春」を始めて手に取った時、その挿し絵が、あの春の日の 「桃源郷 」みたい!と思ったんです。
f0222248_16263755.jpg

もうすっかり葉桜ですが、先日、最寄り駅までの道中で、うちの子、発見!(笑)
求む!ご近所さんの目撃情報‼︎
f0222248_16263757.jpg
f0222248_16263842.jpg

セイヨウミツバチは巣箱からの行動範囲が約半径2キロ、自生出来ないから、この辺りで、他に飼っている人がいなければ、うちの子(ミツバチ)って分かっちゃうんです。

あの春の日が私達が養蜂を始めたきっかけになった日。妊娠出産後は、巣箱を開けての蜂の世話は、yヲのみ担当しているので、正確に言えば、私は 養蜂家の妻 といったところですが。
趣味で始めた養蜂が、よい出逢いやお客様に恵まれて、いつの間にか少しずつ仕事にもなって、走り続けた10年でした。少しずつ少しずつ積み上げて、時には失敗もしながら、また積み直して…色濃くかけがえのない10年でした。
「桃源郷」。幸せってなんだろう。
最寄り駅までの桜並木を見上げながら、最近思ったことがあるんです。
生かされている。生きていくのに必要なものはきっと十分すぎる位揃っている。ミツバチも花も自然は、ただそこにあって、全てを受け入れる。
何もかもが、キラキラと輝いて見える瞬間がある。幸せは、あっちにもこっちにも沢山ある。
桃源郷のような場所は、あそこでもここでもどこかにあるんでもなくて、自分次第でどこにでも作り出すことができるのかも。と。
いつでも、自分の立ち位置がどこでも、きっとある。
桃源郷は頭のなかに。

10年前の今日、4月22日(よい夫婦の日)大島神社で挙式。小林キユウさんに記念撮影をお願いしました。足モデルもやりました。よい記念です。
f0222248_16263866.jpg

屋上でのパーティ、羊羹入刀!(笑)一階鉄工所工場に紅白の垂れ幕を張って、歌あり、マジックショーあり、ダンスあり。キユウさんだけじゃなくて、沢山の友人写真家達も素敵な写真を撮ってくれました。大勢方々の祝福を思い出し、おかげさまでここまでやってこれたこと感謝の気持ちでいっぱいです。
毎年ミツバチ見学会のシーズンには、この家に1日20名様程のお客様が、来て下さっていて驚かれます。私もその時は徹夜で準備です。が、このパーティの時は、100人近くが来場!
この花嫁は少なくとも3日は寝ていません。(笑)

やっぱり、年々身体もキツくなってきたので、これからは、忙しい時でも、もう少しちゃんと寝て(笑)、身体や自分自身のことももっと省みて、日々の暮らしや仕事をもっともっと愉しんで生きたい、私は、そう思っています。

夫yヲへの気持ちは、数日前に本人に直接伝えたので、ここでは割愛させていただきますが。
長くなりました。ご縁あって、今、これを読んで下さった方へ。
最期まで読んで下さってありがとうございました。
これからも末長くどうぞ宜しくお願いいたします。
ご多幸ご健康を心より祈っています。

感謝を込めて
ワイワイハニー 鈴木由加里
f0222248_16263930.jpg



[PR]
by yy-honey | 2017-04-22 16:03 | yコのコベヤ | Comments(0)
←menu