丸太動物作り「丸太でZOO」

f0222248_1438966.jpg

f0222248_14281824.jpg

間伐材を利用した丸太動物作り「丸太でZOO」のワークショップ(2500円)を行います。
間伐材を動物の頭部、胴部、脚部などに使用できるように材を裁断しながら組み合わせて製作します。電動工具等の使用は、初雁木材 武田木工 森のたね のスタッフがお手伝いします。
個人差もあると思いますが所要時間2〜3時間、できるところまで作業した後、持ち帰って細工可能です。

着なくなった洋服を使ってライオンのたてがみやしっぽも作ってみました。
f0222248_14225665.jpg

なんとサンバイザー(帽子)にもなってしまうという優れもの!
f0222248_14273889.jpg

アイデアで色々アレンジ可能です。
どんな動物を作りましょうか?

「丸太でZOO」ワークショップ
7月15日(日)10時〜16時(夕暮れまで)
蓮祭 ワイワイファミリーブース内にて
朝霞市どろんこ保育園(最寄り駅 朝霞台/北朝霞駅 バス停「わくわくど〜む」で下車、徒歩1分)

ワイワイファミリーブース内では他に初雁木材のこっぱおうち作り、森のたねのスプーン作りなど
いづれも間伐材を利用した木工ワークショップを行っています。
スペースに限りがありますので、是非ワークショップに参加されたいという方はご予約も受付致します。あわせてご質問等も yy-honey@excite.co.jp までご連絡下さい。

ハチミツの試食販売、はちみつドリンクや蜂蜜シロップのかき氷も販売しますよ〜!

蓮祭は10時から20時まで 夕方にはお楽しみキャンドルライブもあります。
「大人も子供も裸足になってエスニックなお祭りを楽しもう!」ということで
どじょうすくいあり、エスニックフードあり、齋藤陽道さんのサプライズ写真撮影あり、、、盛りだくさんで一日たっぷり楽しめますよ〜〜♪楽しみ♪

是非是非、遊びに来てください!お待ちしてまーす♪

マイカップ、マイ食器、マイ箸、マイバック、ゴミの持ち帰りにご協力お願いします。
(レンタル食器は100円、食器をお返しいただければ50円の返金となります)

「何故、はちみつやさんが間伐材動物を作ってみようと思ったか?」
その経緯だけでも知っていただきたく、ちょっと長くなりますが、以下読んでいただけますと幸いです。

     「間伐材(檜)」を利用して丸太動物を作ろう♪

富士山麓で養蜂をした際、何故か東京に比べてハチミツが採れませんでした。
その場所は見渡す限り多くの木々に囲まれた、自然が豊かなところだと思っていました。
しかし、よくよく地元の人に話を聞くと、そこは人工林で杉や檜だけの植栽された場所なのでした。
建材として植えられた木々が外国の安い材におされ、林業自体が機能しなくなったり、所有者の高齢化に伴い若い力も無くなり、森を管理することができなくなってきているそうです。
間伐されずに育ちきれない木でぎゅうぎゅうのまま放置された森。
木が密集した森には太陽の光が差し込まず、森林全体が弱り水を貯え土砂の流出を防ぐ機能も衰えます。
また、本来あるべき生態系が循環せずに、虫や動物、草木が住みにくい森になり、そのためエサをもとめイノシシやシカも村におりてきて農作物を荒らしてしまい、今では害獣として駆除されています。
人間がしたことで動物達が悪者にされています。
都会の人々が憩いを求めて行く自然のなかで色々な問題が起こっています。

荒れた森の現状を皆さんにも知ってもらい、少しでも森の再生ができないかと考え、今年4月に富士山麓での「木こりツアー」(ころぼっくるズ)を開催し、森のなかで遊び学びながら、みんなで力を合わせて間伐作業を行いました。
またこの体験を富士の村と都会の町へとの「つながり」のきっかけにしたく、間伐材を利用したワークショップを行いたいと考えました。
養蜂を通して、「人と自然はつながっている。そしてよりよくつながっていかなければならない」と感じています。

自然の恵みに感謝し、健全な森を育て、元気な森を次世代に引き継ぐために
「間伐材」を資源として利用できたらと思います。
これが皆様にとって「間伐材」の意味するところを考えるきっかけとなり、日本の森や子ども達の未来を想いながら、一緒にワイワイ楽しく動物作りができましたら心からの幸いです。
y&y honey 鈴木義明 由加里
[PR]
by yy-honey | 2012-07-04 14:37 | お知らせ | Comments(0)
←menu